2002年ちょっとひとやすみ  2003年ちょっとひとやすみ 2004年ちょっとひとやすみ  2005年ちょっとひとやすみ

  2006年ちょっとひとやすみ  2007年ちょっとひとやすみ  2008年ちょっとひとやすみ  2009年ちょっとひとやすみ

  2010年ちょっとひとやすみ  2011年ちょっとひとやすみ  2012年ちょっとひとやすみ  2013年ちょっとひとやすみ

2014年ちょっとひとやすみ  2015年ちょっとひとやすみ  2016年ちょっとひとやすみ  2017年ちょっとひとやすみ

2018年ちょっとひとやすみ  2019年ちょっとひとやすみ  2020年ちょっとひとやすみ  2021年ちょっとひとやすみ

2022年ちょっとひとやすみ  2023年ちょっとひとやすみ  2025年ちょっとひとやすみ  2026年ちょっとひとやすみ

  

最新号へ
24/1/1(No.1274)

▼お年玉、今年の出費はいかほど?転勤して、平日の侍者の数も変わった。さて、いかほどだろうか?中田神父が小学生の時、主任司祭がお年玉として岩倉具視の五百円札をくださった。「お札」ということにいたく感激したことを覚えている。



24/1/7(No.1275)

▼この福江教会に来て8ヶ月以上経ったが、いつになったら部屋の開け閉めを間違えずにできるようになるのだろうか。いつになったら、聖堂に不自由なく出入りできるようになるのだろうか。
▼ホスチア(ミサで用いるパン)を香部屋に運ぼうと、聖堂の正面玄関の扉を開けた。昨年12月から観光で訪ねた人も堂内に入ることができるように「エリア」を設け、「堂内のここだけお通りください」と促している。
▼主任司祭がここで足を止められた。観光客がいないことを確かめ、ロープをまたいで香部屋に向かった。考えてみると北門(信徒会館側)はいつでも開いているのに、8ヶ月経っても最初にそこには向かわず、観光客と同じ扱いを受けて気がつく。いつまでこんな感じの暮らしなのだろうか。



23/1/14(No.1276)

▼下五島の堅信式が一週間後にやって来る。45年前、五島の子どもたちにとって大司教様は遠い長崎からやって来る方だった。今は「遠くからやって来る」感覚ではないと思うが、本当に待ち望んでいた方、待ちに待った大司教様という感覚なのか知りたい。
▼「堅信を受ける子どもたちに総仕上げのお話をお願いします」と助任に言われて30分話しをした。大司教様の名前もあまりピンと来なかったようだった。待ちに待った方なら、もっと目を輝かせても良さそうなものだが。大司教様は、この子どもたちにどのようにして「炎のような舌」で現れた聖霊を注いでくださるだろうか。



24/1/21(No.1277)

▼地区ごとに、堅信式の日程と地区合同なのか単独なのか、いろいろ経験してきた。浦上教会は1月の第2日曜日、下五島地区は第3日曜日となっている。大司教様と次に会うのは26聖人ミサあるいは司祭研修会あたりだが、次年度に向かって動き出す頃か。
▼今年は、目の前の堅信式に集中だ。堅信の秘跡を授けてくださいとミサの中でお願いしたり、聖香油を大司教様のそばで持ってあげたりする。今になって思うが、いろんな地区長神父様が大司教様のそばに付いて何をしていたのか見てなかったのだと痛感する。ミトラ(司教帽)の下の「ズッケ」は、いつ外すのか?いつまたかぶるのか?全然見てなかったことに唖然とした。



24/1/28(No.1278)

▼満身創痍。最後の一週間、マラソン大会の練習を強めにおこなった。右足にけいれんが。肉離れだろうか。湿布を貼ったりしてあと2日に迫った本番を待っている。年齢には逆らえない。中田神父のマラソン挑戦は、半距離のウォーキングに変更となった。
▼レース後も、日々のウォーキングは続けようと思う。これまでは大会が終わったらお約束のように運動もやめていたが、今年は続けよう。ウエストが明らかに細くなった。去年のズボンに両手が入っている。



24/2/4(No.1279)

▼二十六聖人が近づくと、45年前中学生だったとき、「朗読劇」を聞かせてもらったのを思い出す。毎年、同じカセットテープを流していたと思うのだが、あのカセットテープは今どこにどうしているのだろうか。
▼二十六聖人の劇は、有名俳優(女優)を使った作品があると思う。これも、いつか手に入れて観てみたい。



24/2/11(No.1280)

▼連続休暇をいただいた。助任二人は先に連続休暇を入れていたので、最後になった。五島列島から出ることはほとんど無いので、たまの休暇も新鮮だ。長距離バスに乗ったり飛行機に乗ったり、楽しく過ごせた。
▼何より幸いだったのは、緊急の連絡が無かったことだ。おかげで目一杯の休暇を使うことができた。緊急の問い合わせ(誰かが亡くなって洗礼名が分からないとか)があっても、スマホで返事ができる態勢はできているが。休暇は楽しいが、業務が1ミリも進んでいないのが、残念と言えば残念。


24/2/18(No.1281)

▼福岡のカトリック大神学院に最初に来てくれたカナダ人スルピス会司祭の一人は、四旬節にタバコをやめて、そのお金をグランド整備、具体的には芝生を購入し、植えるために使ったそうだ。その芝生の緑鮮やかな大神学院も、2月23日の閉校式で閉校となる。その後どのように活用するのか、あるいは手放すのかまだ聞いていないが、また一つ歴史が終わることになる。
▼大神学院の規則を破って夜にラーメンを食べに行ったことがある。勝手口から抜け出して、「約束の時間」にまた勝手口を開けてもらうことになっていたが、無断外出から帰ってきたときに勝手口に立っていたのはカナダ人のスルピス会司祭だった。
▼「どこに行ってましたか。」私はとっさに「ゴミを捨てに行ってきました」と嘘をついた。するとそのカナダ人司祭は「あなたは立派です」と行って中に入れてくれた。正直に言っていたら、ずっとこの司祭から「ナカダさんは規則を守りません。司祭にふさわしくありません」と言われ続け、召命の道を続けられなかっただろう。全能の神と、兄弟の皆さんに告白します。



24/2/25(No.1282)

▼大神学院が2月23日の閉校式ミサをもって正式に閉じることになる。90年の歴史に幕を下ろす。その後の活用については「召命を考えるすべての人のため」の活用策が検討されている。もしかしたら、もっと早くその方向に舵を切っていたら、まだ生き延びられたのかもしれない。
▼挨拶と、ミサ説教を通して伝わってくるのは、90年の歴史は模索を続けながらであったが確かに長崎教会管区の司牧宣教に貢献してきた、神に感謝したいというものだった。しかし小教区司祭も、教区司教も、時代に応じた形で神学生を送り出せず、このような事態に至ったことは決して忘れることはない。
▼神学院の院長は、予想しない挨拶を用意していた。ここでは話せないが、参加した人は忘れないだろう。参加した全員が、いったん90年の歴史に幕を下ろす。いただいたすべての恵みに感謝します。私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。



24/3/3(No.1283)





24/3/10(No.1284)





24/3/17(No.1285)





24/3/24(No.1286)





24/3/28(No.1287)





24/3/29(No.1288)





24/3/31(No.1289)





24/3/31(No.1290)





24/2/4(No.1279)





24/2/11(No.1280)





24/1/21(No.1277)





24/1/28(No.1278)





24/2/4(No.1279)





24/2/11(No.1280)








ページの先頭へ