2002年ちょっとひとやすみ  2003年ちょっとひとやすみ 2004年ちょっとひとやすみ  2005年ちょっとひとやすみ

  2006年ちょっとひとやすみ  2007年ちょっとひとやすみ  2008年ちょっとひとやすみ  2009年ちょっとひとやすみ

  2010年ちょっとひとやすみ  2011年ちょっとひとやすみ  2012年ちょっとひとやすみ  2013年ちょっとひとやすみ

2014年ちょっとひとやすみ  2015年ちょっとひとやすみ  2016年ちょっとひとやすみ  2017年ちょっとひとやすみ

2018年ちょっとひとやすみ  2019年ちょっとひとやすみ  2020年ちょっとひとやすみ  2021年ちょっとひとやすみ

2022年ちょっとひとやすみ  2023年ちょっとひとやすみ  2024年ちょっとひとやすみ  2025年ちょっとひとやすみ

  

最新号へ


20/1/1(No.1040)

▼いつ頃からだったか、結婚のために講座を受けに来るカップルに話をしていると、いつの間にか熱が入って「親が子に言い聞かせるように」話をするようになってしまった。「大丈夫なのか?そんな心構えで。」神様から余計な心配だと言われそうだ。
▼同じことで、新成人の皆さんに私はいかにも人生の先輩のような目線で話をしているのではないかと思った。それでも構わないとは思うが、問題は相手の心に響くかどうかだ。響くのであればそれは方法として正しいが、まったく響かなければ方法を変えなければならない。
▼市町村の成人式で、原稿を朗読している人にひどい言葉を浴びせる新成人の様子とかが報道され、市町村は対応を検討して、原稿の棒読みはやめて市長や町長が新成人の知っている流行の最先端を取り入れたり、涙ぐましい努力をしている姿も流れる。いかにして新成人の胸に響く式典にしようかと、努力している姿は一見の価値がある。
▼成人の年齢が18歳になれば、さらに対象年齢にあった対応が必要だろう。2018年(平成30年)6月13日、成人の年齢を20歳から18歳に引き下げることを柱とした改正民法と、それに関連する22の法律の見直しが可決・成立した。 2022年(令和4年)4月1日に施行される。教会も新成人の祝福式を心に響くものにする工夫が必要になる。



20/1/5(No.1041)

▼「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」(マタイ7:13-14)1月2日の黙想会を終えて、あらためてこの聖書の言葉を考えている。
▼今年は黙想会の中で、「フランシスコ教皇のことを知る」というテーマで取り組もうと思っている。私が教皇様のことを知っているとか、そんな大それたことを言うつもりはもちろんない。「毛頭無い」と言いたいところだが、すでに毛はないので言わない。
▼一冊の本を手がかりに教皇フランシスコの人柄をたどっていく。だから私が参考にする本を繰り返していねいに読めば、黙想会に参加したようなものなのだが、コンパクトにまとめて話してもらうのを聞いたほうがつかみやすい。だから黙想会参加費を払って参考にする本からのエッセンスをもらって欲しい。
▼1月2日までにも真面目に読み返し、掘り下げてきたつもりだが、やはりそれでも足りない。何が足りないのか。それは「狭い門から入る」この部分である。教皇フランシスコの生き方や考え方は本の中に十分説明されている。だが本を10回読んでも、極端な話50回読んでも、足りないのである。
▼それは、教皇フランシスコが生きているように生きてみなければ、教皇フランシスコの人柄に「確かに触れた」とは言えないわけだ。身分の高い人が当然利用する権利を横に置いて貧しさに生きるとか、教会の教えから遠く離れて生きている人の声に耳を傾けるとか、罪に溺れそうになっている人に浮き輪だけ投げるのではなく、そばに行って手を差し出すとか、そうしないと教皇フランシスコの人柄に触れることは難しいのだ。
▼少なくともまだ3ヶ月ある。教皇フランシスコが体験したことを自分も体験して、黙想会に備えることにしよう。



20/1/12(No.1042)

▼こういうことを「弱り目に祟り目」と言うのだろう。「もう辛抱できん」と思って人払いをして、そのせいで自分でしなければならないことが増えて、いつもならしないようなヘマをして、がっかりした。
▼郷里の鯛ノ浦に帰省後、洗濯物を処理した。ところが司祭シャツの胸ポケットに、メモが入ったまま洗濯をしたらしい。洗濯物を取り出して、小さくちぎれた紙くずが、私を鼻で笑っているように感じた。
▼もはや思い描いている生活は無理だ。少しでもストレスを感じないで生活するためには、やはり身軽にならなければならない。手当たり次第ものを始末し、頭の中にため込んでいる予定も全部片付けて、頭に空間を作れば、少しはましになるだろう。
▼たくさんの人が関わる場所は、よどみが少ない。誰も入らせない、誰にも手を付けさせない方法を許してしまうと、気がつかないうちにその場所はよどんでいく。風通しの良い環境をたくさんの人に入ってもらって作ることにする。
▼最近ほとんど毎日夢を見ているらしい。初夢はとても夢見が悪かった。それ以降もたくさん夢を見て、思い出せないくらいだ。毎日夢を見てもどうやら普通のことのようで、起きる前には黒板消しのような作業が行われて、ほとんど思い出せないらしい。
▼実現できそうな夢を見てみたいものだ。信徒会館裏手の敷地で、野外ミサをささげているとか、田平教会が耐震補強工事に入ったときに、田平教会の恩人が寄付をしてくださってその人に感謝状を贈るとか。だが実現できそうな夢は、もはや夢とは言わないかも知れない。



20/1/19(No.1043)

▼「その日に必要な聖書の箇所が与えられた。」これには続きがある。「何という偶然!」最初はそんな気がしていた。当然この箇所をメモを取るなり、ミサで使用している冊子を病人訪問に持って行くなりして、準備が必要である。
▼ところが、病院に出発するときに「該当聖書箇所」を朗読するための冊子、あるいは福音書を持参しなかった。「何という偶然!」と一瞬でも思ったのが悪かったのかも知れない。「これは偶然ではないよ。私があなたにチャンスを与えたのに、あなたはそれを無駄にしようとしている。」そう言われている気さえした。
▼誰にも何も言っていないのであれば、儀式書から右にも左にも逸れずに執り行えば、話題にはできないけれども責任は果たせる。「責任を果たすだけで良いのか?」非常に悩んだ。車を走らせてすぐに気づいたので引き返せばまだ間に合う。
▼あるいは、聖書の箇所さえ思い出せるなら、今はネットの世の中。どこからか該当箇所を探し出せる。ちなみにTwitter(ツイッター)の「calendarium_bot」が定期的に朗読箇所をツイートしている。だが聖書の箇所が思い出せない!運転中していてネットの便利なサイトにも考えが及ばなかったなかった!
▼結果的に、聖書の箇所を無事に手に入れることができたのは神に感謝した。関係者の皆さんにも感謝。人間一人の力でできることなど、たかが知れている。人の助けを素直に受け入れ、神との交わりを証しできる司祭であり続けたい。



20/1/26(No.1044)

▼あー、マラソン大会。「あー」と言っている時点で勝負は付いている。今年も負け。ダメダメ。それでも参加し続けるのは、私の知るある先輩神学生だった人の「奇行」のせいかもしれない。その先輩とはいまだに会えていないが、私は先輩の「奇行」を受け継いだ。
▼その先輩は、神学生が休暇を終えて帰ってくると、必ず「名簿の確認」をしていた。つまり、「神学校を辞めた人」のチェックである。神学校を辞めた人を目ざとく見つけては、筆記用具で線を引くのだった。
▼どんな思いで線を引いていたのか分からないが、ひょっとしたら「自分は最後まで生き残るぞ」という覚悟だったのかも知れない。私はたまたまその作業を見て、「変わったことするなぁ」と思っていた。しばらくは見続けていたのだが、ある日、「その日」がやって来た。
▼辞めていく学生たちを名簿から削除するために線を引いていたその先輩が、なんと辞めてしまったのである。当然自分で自分に線を引くことはできない。どうなったか?実は私がその「奇行」を受け継いで、辞めていく先輩後輩の名前に線を引いていったのである。
▼私は生き残り、司祭となった。もはやその「奇行」は続けていないが、これはマラソン大会にちょっと繋がってくる。マラソン大会は非常に負担の大きい行事なので、年齢が重なれば当然出場は難しくなってくる。私もその一人で、同級生はもはや誰も参加していない。
▼あえて参加している先輩を挙げれば、思い出せるのはH師とM師だけだ。大先輩のT師はマルコ園にいるし、大先輩のH師はいくら何でもご老体を引きずっては来ないだろう。そうなると、思い出せる2人との「落伍者競争」になるわけだ。
▼私は今のところ走れば走ることができる。いつでも先輩二人に「消去線」を引くことができる。せっかくだから60まで走って、「シニアの部」を設定してもらい、表彰台に上がりたいものだ。



20/2/2(No.1045)

▼悔しくて、説教では触れなかった話題と、恥ずかしくてとてもではないが説教で触れることのできない話題。マラソン大会に大阪から「刺客」が送られてきていた。補佐司教様から情報を得たのか、それともこの説教メルマガ・説教ブログで目にしたのか。
▼二人の大阪教区の司祭がマラソン大会でそれぞれ脚光を浴びた。一人は成績2位。一人は最年長参加。成績2位は立派である。去年までの優勝者(平戸地区のK師)を押さえた人が二人も出て、そのうちの一人は誰も知らなかったのだからすごい。
▼参加者最年長の先輩は私の次、司祭の順位で14位だった。私がちょっとでも諦めれば、追い抜かれていたかも知れない。やはり「ようやく1時間を切る」というタイムではダメだ。50分を目標に、調子次第で45分でゴールできるようなタイムで走らないと楽しくない。
▼マラソン大会から帰って、田平教会でのミサ。この日はふだんよりも寒かった。「こんな日は格好付けずにパッチ(ももひき)を履こう。」そう思ってパッチを履いていった。しかしパッチを履いてもなお寒い。聖堂内はエアコンを入れて少し温めている。
▼「それなのに女子がスカートで過ごしているような・・・あ!」ようやくここで気づく。パッチは履いたけれどもズボンを履き忘れていたのだった。昨年そんなことがあって、司祭館玄関で気付いてズボンを履いて聖堂に入ったのだったが、今回はいよいよやってしまった。
▼しかし、偶然は重なるもので、この日子どもの侍者が来なかったために典礼委員長が侍者を務めてくれた。その典礼委員長がこう言った。「神父様、今日はスースーして寒いですから、香部屋と祭壇を区切っている木の扉を閉めてから入堂しますね。」私はてっきり、スータンの下にパッチしか履いていない私を見るに見かねてそう言ったのかとギョッとした。



20/2/9(No.1046)

▼10年ぶりくらいにラケットを新調した。ここ田平に来てから4月には5年目に入るが、10年間で実力も変わり、思うようにテニスを楽しめなくなっていた。そこで「ラケット」のせいにして、気分一新しようというわけだ。
▼佐世保のヤマダ電機のそばにあるスポーツ店でラケットを見渡し、「これいいな」と思った物を手に取って、女性店員に「これでガットを張って購入したいです」と申し出た。すると店員は受け取ってすぐにこう言った。「お客様、このラケットでは軽すぎませんか?」
▼聞けば、女性にお勧めするラケットが260gから270gくらいで、私が握ったのが265gだった。この店員は小さな大会に出るレベルのプレーヤーで、「ちなみに私が使用しているラケットが270gです。もう少し思い物をお選びになりませんか?」と言ってきた。
▼色合い(レモン色)が気に入ったので手に取ったのだが、店員に促されて選び直した。次に手に取ったのは「赤」のラケット。「ではこれで」と依頼すると今度は「お客様、これは少し重すぎませんか?」と言ってきた。面倒な店員だ。
▼「手に取られたラケットは300gです。男性の大柄な選手ですとこの重量でも振り回せますが、お客様はたまに友達とテニスをなさる程度だと伺いました。でしたら270gから290gくらいの物をおすすめします。」私も疲れてきて、「では店員さんがいくつか取り分けてください」と少々投げやりになってきた。
▼「そうですね・・・これとこれ、それにこれなどいかがですか?」どれも重量280gのラケットだった。確かに微妙だが軽すぎず、重くもない。取り分けた中で聞いたことのある唯一のラケットメーカーを選び、これから約10年、このラケットを使うことになる。



20/2/16(No.10470)

▼堅信組の筆記試験で珍回答があった。「○○○○補佐司教」という空欄に、選択肢の中に混ぜておいた「トマス中田輝次」を堂々と記入していた。後で考えてみたのだが、「パンチの効いたジョーク」だったのかもしれない。いくら何でも「補佐司教」の空欄に大真面目で主任司祭の名前を書かないだろう。そうだとしたら、肝が据わっているぞ。
▼「明治は遠くなりにけり。」昔こんな言葉を聞いたことがある。私にとっては「バレンタインは遠くなりにけり」となるだろうか。浦上教会の時はミカン箱を二つ用意して、お返しも150個とか、洋菓子店に頼みに行くのもちょっとしたイベントだった。今年はゼロか?と思いきや、土曜日15日に急展開となった。
▼ちなみにゼロでなかったことは念を押して言っておく。その上さらに、15日には引退した神父様が訪ねてこられ、「チョコレートよ(笑)」と言って箱を渡された。透明のフィルムに入っていたのですぐに物は分かった。まさかまさか、大先輩が「バレンタインプレゼント」を用意してくれていたのである。
▼志を同じくする者は、必要としているものも言わなくても理解できる。私がネット通販で「これ欲しいなぁ。でも買うほどでもないかなぁ」と思っていた部類の商品を、引退神父様が気前よく買ってくれた。まったく同じメーカー、シリーズのものではないが、「この手の品物があったらなぁ」と思っていたまさにそれを買ってくれていたのだ。
▼大先輩も今年は「ダイヤモンド祝」の年。何と言っても私に鯛ノ浦教会で洗礼を授けてくださった神父様だ。たとえ説教の準備で頭抱えている真っ最中でも、たとえ今日の面会人が何人も重なっていたとしても、たとえ「話しが長くなると時間が・・・」と頭をよぎったとしても、そんなことは問題ではない。



20/2/23(No.1048)

▼同級生はやはり意識するものだ。聖パウロ会の日本管区長になったことを横に置いても、「さすがだな」と思わせるたたずまいをしていた。言葉で表すなら、「香りが違う」ということだろうか。
▼小教区を巡り、主任司祭を歴任するうち、いつの間にか「古狸」になってしまっていた。同級生の「香り立つ」雰囲気を感じて「これが歩んできた道のりの違いか」とつくづく思ったのである。
▼彼はミサの説教で「共に哲学を学んだ仲です」と紹介してくれた。哲学を学んだとは自分の口からはとても言えない。「哲学思索への道」という本ですでに打ちのめされた感があった。彼はそこからさらに羽ばたいていった。
▼共に学んだのは確かだ。もっと長く、学び合っていたら、彼からたくさんのことを吸収したかも知れない。今や同級生の中で、同級生であることが誇らしいと思える存在になってくれた。できれば世界に羽ばたく人になって欲しい。



20/3/1(No.1049)

▼ホームページのサーバーを引っ越した。すでに引っ越した。それまでのサービスも良かったのだが、二週間ほど接続できなくなっていた。毎週更新する自分にとってはそれは耐えられないことだった。
▼調子の悪さを例えて言えば、毎週利用させてもらっているスポーツ施設で一つのロッカーを専用で使っていたが、鍵の調子が悪く、毎度スタッフを呼んでロッカーを開けてもらうような感じだろうか。
▼毎週スタッフにお世話になるくらいなら、使わせてもらっているロッカーを変える方がよほどストレスにならない。そういうことで、中田神父の私物(ホームページの素材)を置いているロッカー(サーバー)を引っ越すことにした(すでに引っ越し済み)。
▼案外、こういう作業を終えてみると、以前のサーバーが復旧していたりする。しかしそれでも、振り向かない。未練はあるが(月額200円と安かったから)、新しい未来を切り開くと決めたから、もう後戻りはしない。
▼いよいよ誕生日(3月12日)が近づいて、54歳になろうとしている。この歳になって失ったことを後悔するのは時間がもったいない。前に進んで、今この時からできること、お役に立てることに時間や労力や資源を向けるべきだ。
▼教区に住んでおられる諸先輩の50周年(金祝)、60周年(ダイヤモンド)、70周年(プラチナ)を迎えた感想を読んだ。たくさんのことがあったに違いない。振り返ればきりがないから、今を感謝するコメントが多い。それでも読み応え十分だ。
▼サーバーの引っ越しをすれば、引っ越したことに気づかず、「最近更新されないなぁ」とずっとその場で待ち続ける人が必ず出る。その人たちには連絡のしようが無い。この記事を読んでくれた人が知り合いに知らせてくれるかも知れない。私は前を向いていく。大事なのは過去を背負ってでも、前を向いて進むことだから。



20/3/8(No.1050)

▼公式のミサが中止になって、説教で述べたとおり人間の力に頼らず神の力に頼って乗り越え、糧にするのはもちろんだが、「ちょっとひとやすみ」ではこの機会にしか経験しないことを分かち合いたい。
▼平日のミサを、香部屋から略式祭服とホスチア、ぶどう酒を持ち込んで司祭館応接間でささげている。興味がある方は3月2日のミサを二分割でYouTubeにアップしたので「ひとりぼっちミサ(前半)https://youtu.be/2SGGHSJfDio」で視聴してみると良い。
▼誰一人返事のないミサ。本当にこれで良いのかと疑ってしまう。けれども公式のミサができない以上、一人で私的なミサをささげるしかない。引退したYY神父様はどんな思いで日々自宅でのミサをしておられるのだろうか。一緒にミサをしてみるまたとない機会とチラッと思ったが、私が何かを神父様に移して体調を崩させたりしても申し訳ないのでやめる。
▼来る日も来る日も、一人でミサ。意識は参加できるはずの人々を思い描いてささげている。それでも気分は晴れず、気分転換にと生向(いけむこ)漁港からボートで出船。気分が乗らないせいか、魚も針に乗らず。気分転換もうまくいかず落ち込んでいるところにいつの間にやって来たのか「平戸市海上保安署」の巡視艇が接近してきた!
▼私の4人乗りボートと比べると10倍くらい大きな船だが、音もなく近づいてきてスピーカーで「こんにちは。こちらは平戸市海上保安署です」と呼びかけてくる。生まれて初めてのことでギョギョッとした。特に不審な行動をしていたわけでもないのでこちらが動揺する必要も無い。聞かれたことに素直に返事をしよう。覚悟を決めた。
▼「釣れてますか?」はぁ?そんなことを聞くために接近してきたのか!「ここは通行船が多い海域ですから、見張りがおろそかにならないように注意をお願いします。」私が両腕で大きな○(まる)をして見せたら、巡視船は去って行った。おどかすのもいい加減にせえや。
▼朝、外が明るくなり始めて目覚ましもかけず自然に目が覚めてから顔を洗ってミサをしている。強制的に早起きをしないことだけが、公式のミサが中止になって感じる喜ばしい出来事だ。この前、初めて「鶏もも肉の照り焼き」を作った。火が通ってないのではと心配してもう一度皮を焼いたら皮が焦げてしまった。自炊生活、「焦げんこと」になるとは(笑)



20/3/15(No.1051)

▼ここまで新型コロナウィルスの影響を受けるとは思わなかった。期間が長く、範囲も広い。まだ予防法や封じ込め政策が行き届いていない時代ならまだしも、この最先端技術が浸透している時代に、こんなに長引くのが驚きだ。
▼ミサに会衆が参加しない中で、自身の司祭生活に役に立っていることもある。長崎教区の信徒は祈祷書のミサの頁を開くと「奉献文」という部分があって、その中に「第二奉献文」「第三奉献文」というのが見えると思う。
▼ちょっと考えれば分かることだが、「第二奉献文」というのがあるのであれば、「第一奉献文」が当然あるはずである。その通り、祈祷書には印刷されていないが、第一奉献文が存在する。また、第四奉献文というものもある。
▼平日、誰もいない司祭館の応接間で、「第一奉献文」「第四奉献文」を遣ってミサをささげている。第一奉献文から第四奉献文まで、興味がある人はホームページ「話の森」(http://ss104313.stars.ne.jp/index.html)の「カノン(表)」と「カノン(裏)」を開いてほしい。
▼叙階されて28年目に入ろうとしているが、お恥ずかしい話、「第一奉献文」はこれまで一度も使用してミサをささげたことがなかった。第三奉献文はいくらか一般信徒ともささげたことがある(特に大祝日・司教様主司式のミサ)。かろうじて第四奉献文は、過去に赴任した「馬込小教区」の「大明寺教会」でだけ、ささげたことがあるに過ぎない。
▼2週間目に、ようやく気づいた。「ここで第一奉献文、第四奉献文を唱えなかったら、生涯唱えずに人生を終えるかも知れない!」公式のミサが中止となる中、どれだけの司祭が同じことに目が向くだろうか。



20/3/22(No.1052)

▼「あごひげ」の威力か?交通ルール上は自分がルール違反だったのに相手が謝ってきた。カローラを運転していて、三叉路で右折をしようとした。反対車線に入るので優先である直進車に十分注意しなければならない。運転中は春の日差しを避けようとサングラスをかけ、紺色のキャップを被っていた。
▼あいにく、私の隣には清掃車が左折のタイミングを待っていた。清掃車が左折したとき、私も右折で対向車線に入ろうとした。そこへ軽自動車が清掃車の影から出てきた。「あっ!」と思ってブレーキを踏む。相手も止まってくれて、事故は避けることができた。当然私の不注意なので、「申し訳ない」と思い、運転席から少し右手をあげた。
▼ところが軽自動車の運転手は顔がこわばり、幽霊を見たかのような怯えかたをして「申し訳ありません。許してください」というような身振りを示した。完全にこちらが迷惑をかけている側なのだが、軽自動車は恐る恐る通過していった。
▼ひょっとしたら、あおり運転の罰則強化に繋がった事件を起こした人物と、ひげ面の私が重なり、「触らぬ神にたたりなし」と思ったのだろうか。一度だけ、ひげが相手を威圧した場面だった。相手には申し訳ないことをしたと思っている。



20/3/29(No.1053)

▼ICレコーダーが壊れた。スライドして、隠れているUSBコネクタを引き出し、充電するタイプなのだが、あらゆるUSBタイプの充電を試したがICレコーダーを認識しない。機器として認識しないので、パソコンでのデータの取り込みもできなくなってしまった。
▼しかもそれが、黙想会の直前にやって来た。黙想会の説教を録音すれば、CDに焼くことで、あるいは音声データをネットに上げることで、黙想会に参加できない人のお役に立てる。このままでは本当に周縁にいる信者たちの手に届かなくなる。
▼ひとまず古いICレコーダーを引っ張り出した。この手の危機は新しいものがどんどん出る。新しい物好きの自分としては「何か口実を見つけて」新しい物を買いたい。古いものがまだ使えるのに今回の物を買った理由は、「古いものがいちばん良い音質では3時間しか録音できないから」だった。これを口実に、容量が2倍のものを買った。
▼たとえば司祭の黙想会は、3泊4日にわたる。これが一台のICレコーダーに入りきれないとなると、「@パソコンに録音データを避難させて空にする必要があるA録音データを避難させるノートパソコンを持っていく必要があるB重たい荷物を抱えていきたくない」こういう思いが頭をもたげる。当然買い換える口実になる。しかも前より安いと来た。
▼田平小教区の黙想会は、ひとまず古いICレコーダーで乗り切ったが、不安は解消されない。これが今回さらにICレコーダーを買う「もっともらしい口実」となった。中古で買ったがどこにも中古を思わせる様子はない。技術の革新はめざましく。古かったICレコーダーからすると今回購入したものは容量が4倍になり、容量2倍だった壊れた物よりも安かった。



20/4/5(No.1054)

▼細かい話だが、2020年の初めに説教を残すワードファイルに連番を付けて型紙を作る。毎年同じことをしている。ただし集中力が必要になる。番号が続いていくわけだから、番号が飛んだり、同じ番号が振られたりして間違ってそのまま使用されれば、取り返しの付かないミスになる。
▼「取り返しが付かない」とは言ったが、命に関わるわけではない。ただそれでも、うっかり間違ってあとで気づいたら、その悔しさは半端ない。「どうして気づかなかったのだろう」とか、「そもそもこんな細かいことまで一人でこなしているから間違うのだ」とか、無い物ねだりの愚痴まで言ってしまう。
▼今回も、すぐに気づいたから良かったが連番を付けたワードファイルが実際のメルマガの番号とずれていて、危うくずれたままメルマガ配信、ブログ更新をするところだった。本音を言うと、今週は一週間で5回「ちょっとひとやすみ」を書くので、こんな細かい話で繋いでいるという面もある。
▼先週までのメルマガの番号はこうだ。3月29日号のメルマガが1053号、間違いが無ければ今週号が1054号となる。ところが説教を残しているワードファイルの連番は、先週が1053号、今週も1053号となっているのだ。これはおかしい。
▼ワードファイルの「ファイル名」から推理してみる。「202003291053.doc」というワードファイルがあり、続けて「202004051053.doc」というファイルがある。想像だが、「聖週間」については早くから番号を振っていて、後になって規則的な日曜日の型紙を作ってみたら、ずれが生じた。こういうことだったかも知れない。
▼とにかく、無事に今週号を1054号として発行することができた。



20/4/9(No.1055)

▼聖週間、説教の準備はふだんの日曜日よりもはるか前に始まっている。もちろんふだんの日曜日のような準備を、聖週間のためにはるか前から始めていると言っているのではない。もしそれができているのなら、その時点ですぐに文字に起こしているだろう。
▼そうではなく、「聖週間を貫く今年のテーマは何だろうか」そう考えながら長い時間過ごしているということである。たとえば今年は「イエスは私たちが考えるより前に、受難の一週間を準備しておられた」というのがテーマになっているが、それは教皇フランシスコが来日した去年の11月にさかのぼる。
▼教皇フランシスコが来日してから、恥ずかしながら教皇フランシスコについて書かれた書物を読み始めた。あの時点で何冊も教会の公の文書が発表されていたが、これまたお恥ずかしいことにまともに読んではいなかった。
▼来日してから本を読み始め、「このたびの教皇様は、少し毛並みが違うぞ」という強烈な印象を受け、「黙想会で教皇様のことをみんなで学ぼう」と考えるようになった。この黙想会の準備の中で、「神様が教皇フランシスコを準備してこられた。当然神様もご自分の救いの計画のために長い準備をされた。」ようやくテーマに繋がる見方にたどり着いた。
▼中心線が決まると、わりとたやすく説教はまとまる。中心線を見失わないように、思い浮かんだものを組み立てる。一気に組み立てることもあり、長い時間かかって、「あーでもないこーでもない」と唸りながら組み立てることもある。
▼今年は、良い準備を経て説教が誕生している。これを分かち合える田平教会の信徒は圧倒的に少ない。「メールマガジン」「ブログ」「Facebook」「ホームページ」さほど生活からかけ離れている道具ではないのだが、それを語ると固まってしまう相手が多い。
▼「毎年必ず聖週間が始まる時点で準備できている。」そんな約束はできないが、できるだけそうなるように努めている。この準備を神様にささげるだけ、というのが辛い。



20/4/10(No.1056)

▼今年、二つの貴重な体験をした。一つはポリープの除去手術、一つは黙想会の感謝のミサである。大腸検査をして、ポリープが4個見つかり、その場で除去手術をしてもらった。見事な施術で、気がついたら手術は終わり、日帰りで退院することができた。
▼もちろん多少の痛みは残った。その日一日、「チクチクした痛み」を感じたし、軟らかい食べ物を食べたのに「おなかを通過する感覚」が見事に伝わってきた。少し命が縮まったのかも知れないが、「命を長らえた」という思いのほうが強かった。
▼きっと大腸検査を放置していれば、ポリープはさらにいたずらをしていたに違いない。自然に治癒したりはしないのだろうから、検査を一年先延ばしにすればそれだけ、検査の所見に命の縮まる思いをしたことだろう。自分の命であっても自分自身の思い通りにならず、常に神の手の中にあるのだということを実感する出来事だった。
▼もう一つは、田平教会の黙想指導をして、たしか「夜の部」の感謝のミサの時だったと思う。「主はみなさんと共に」と招きながら、会衆と自分自身との間に「越えることのできない淵」があるような感覚に襲われた。
▼何しろ初めてのことで的確に表現しづらいが、「あの世とこの世」の隔たりくらいに感じる「淵」が私には見えた。あれは何だったのだろうか。二度と会えない別れのような、そんな隔たり。何を意味していたのか、いまだに分からない。
▼何を暗示していたのかは分からないが、十字架上のイエスも、地上から上げられてののしり叫ぶ群衆との隔たりを感じたかも知れない。イエスをはりつけにした群衆は、そこに集まってはいてもイエスとの間に越えることのできない「淵」がある。イエスも、どれだけ「十字架から降りよ」と言われても降りることのできない「淵」がある。そんなところだろうか。
▼初めて祭壇上のイエスと心一つにミサをささげたのかも知れない。イエスはミサに集まったすべての人の祈りを御父にささげてくださる。私が「見えない淵」を見たのであれば、何とかしてその淵を渡り、ミサに参加しているすべての人の祈りを神に取り次がなければならない。それは、これからささげる一つひとつのミサにかかっている。



20/4/11(No.1057)

▼主のご復活おめでとうございます。黙想会などが開催された小教区はそう多くはないと思う。平戸地区では紐差教会、田平教会、平戸ザビエル教会、上神崎教会が黙想会を開くことができた。その仕上げ、「赦しの秘跡」で笑うに笑えない出来事があった。
▼司祭と告白者がやりとりをする中で、告白者が司祭の声を聞き取りづらかったらしい。「よく聞こえません」と言って、接近したのが分かる。私も仕方なく接近して、少し声を大きくする。その状態で私が心の中で考えた。「これって、『濃厚接触者』の状態だよね。」
▼Instagram(インスタグラム)という道具(アプリ)がある。Twitter(ツイッター)とか、そういうたぐいのものだ。この「インスタグラム」は「インスタばえ」という言葉があるとおり、写真を投稿して楽しむ場所だ。
▼ところが、私は写真はあまり趣味ではない。「今週の一枚」も、文字だけではあまりに味気ないので写真を載せているだけで、写真の腕に覚えがあるわけでも何でもない。だから、正直言ってInstagram(インスタグラム)は苦手なのである。
▼ところが、このInstagram(インスタグラム)に、ときどきフォロワーが付く。いつ掲載したか分からない写真を見た人が、フォローしてくるのである。次にいつ写真を掲載するかも、その写真の出来栄えがどうなるかもまったく見通せないのに、フォローしてくる。写真を見たいなら見ても構わないが、フォローしなくても良いではないか。
▼そこで仕方なく、Instagram(インスタグラム)の使い方を考えてみた。まったく趣旨にそぐわないのだが、使い方を思い付いた。興味がある方は”thomas.k.nakada”という名前のインスタグラムユーザーを検索して欲しい。Instagram(インスタグラム)の効果的な使い方が理解できないおじさんが出した結論だ。



20/4/12(No.1058)

▼4月8日付の長崎教区の通達によって、「司祭は会衆なしのミサをささげてください」と明確に制限がかかった。修道院にミサをしに行くことも禁じられる。「司祭の対応がまちまちで、信徒が不安を感じている」という指摘もあったし、「教区の対応のあいまいさに問題がある」という反省も出たらしい。
▼声には出してなかったが、「ミサ参加の呼びかけはしませんが、司祭はミサはしています」みたいなお知らせをする教会もあったわけで、「それだと『来ていいよ』と言っているのと同じだなぁ」と思ったものだ。たとえ人数を限定しても、問題は残る。問題ある状態で続けるよりも、会衆なしでしたほうが良くないかなぁと感じていた。
▼教区の対応のあいまいさは私からは発言は控える。これで本当に、表現は俗っぽいが「無観客ミサ」になるわけだ。司祭はますます、「見えない神の民」を意識して、行動しなければならない。こんな時だからこそ、「そちらの教会ではどのような工夫をしていますか?」と情報共有をすべきだと思うのだが。
▼本部事務局に、一つ提案してみよう。「この聖なる三日間、誰の説教も聞くことなく、教区民は過ごすことになるのでしょうか?」私の番宣をするつもりは毛頭無いが(もともと毛もないが)、「誰かが説教を公開しているわけだし、大司教様の説教を公開する方法もまだ間に合うでしょ〜」それくらいは言ってもいいだろう。



20/4/19(No.1059)

▼ドラッグストアに行ってきた。入り口には「マスクは入荷未定です」と張り紙がしてあった。月に1億枚とか、2億枚とか生産していても、入荷しないらしい。私はその理由が分かるような気がする。
▼今の生活では、100歩進めば店がある。コンビニ、スーパー、小売店。そのどれもが「マスク」を100枚販売しようとしたら、店頭に必要な枚数は、10億枚も、20億枚も必要なのではないか。昔は町内に店は数軒しかなく、そういう時代であれば店頭に必要な枚数は数百万枚程度で、入荷しないなどということは無かったことだろう。
▼ちょっと歩けば似たような店がある。この状態が、1億枚生産しても店頭に並ばない原因ではないのか。だとすれば私たちが期待した今の生活の形が、マスク不足を引き起こしているのである。私は(効果のほどは別として)マスクは買わず、手作りの物を使用している。
▼また、ドラッグストアで目の飛び出るような商品を見た。2500円以上する歯磨き粉だ。私の198円の歯磨き粉が、ゆうに12個買えるではないか!こんな物を使う人がいるのか?用途が同じでも、「保険が利くもの」と「保険が利かないもの」との違いを見たような感じだった。
▼部屋が暗くてうんざりしていたので、思い切って部屋の明かりを取り替えた。はやりのLED照明だ。ついこの前蛍光灯照明の蛍光管を交換したのに。だが今の快適さを考えると、もっと早くから取り替えるべきであった。



20/4/26(No.1060)

▼不謹慎な話と思われるだろうが、釣りに行けなくて困っている。魚を確保して、お刺身、焼き魚、煮付けなど食べたいが、それができない。原因は春の嵐だ。月曜日が公休日の中田神父にとってその日は待ちに待った「漁に出る日」なのだが、このところずっと強風に邪魔されている。
▼平戸瀬戸は東西に平戸大橋が架けられていて、海水は南北に満ち干する。この状況で東風はわりあい私の漁場に影響しないが、西風、または南北の風は釣りを困難にする。この季節の風は南西の風、南南西の風。しかも5m以上だ。
▼5mまでなら、「行く!」と覚悟を決めて行く。しかし6mとか、7mになると、これはもう「命がけ」ということになる。さすがに命はかけられない。新型コロナウィルスの影響で命の危険なら同情してもらえるが、「釣りに行っていた」では笑われるのが関の山だ。
▼こうして説教を書きながらも強風が「ザワザワ〜」とか「ガサガサ〜」とか音を立てている。恨めしい。最近道路からのすべての進入口に「三角コーン」と「ポール」を設置して人の出入りが厳しく制限されているので、教会敷地内はあらゆる野鳥がなわばりを主張して一日中鳴いている。人間の出入りが極端に少なくなったことを鳥たちも理解しているらしい。
▼さらに始末が悪いのが野良猫だ。夜、パートナーを求めて「ニャオーンニャオーン!」と鳴く。最近は日中も鳴いている。迷惑なので、水をかけたり石を投げたりするが、「何するんだよ!」みたいに私のほうが睨まれる。世帯主は私なのに。



20/5/3(No.1061)

▼「洗礼を受けたいのです」という人がやって来た。現在、田平教会は県道に沿ってパイロンと柵で入場を制限している。観光の方々を含め、不要不急の人々は敷地内にも入れない。その状態の中で、ある人が「洗礼を受けたいのです」とやって来た。
▼真偽のほどは別として、「これはチャンス!」と素直には思えなかった。失礼にならないように親身になって話を聞いたが、同時に私の頭には「用心した方が良さそうだ」という気持ちもあった。田平教会よりも近い、本人が言う住所から管轄だと思われる教会に取り次いでその場を別れた。
▼入場を厳しく制限している中でも、カメラを構えて入ってくる人がいる。パイロンと柵をしているのに、カメラを構えて敷地内に立っている人の気持ちが理解できない。「入場できません。出てください」と少なくとも2回は注意した。
▼私のほかにも、自宅待機させられている案内所の職員が植物の世話をしに来たときにたまたま声をかけたケースや、教会役員が敷地内の清掃にやって来たときにたまたま声をかけたケースもある。柵をしているのを乗り越えてくる人が、今週の福音朗読と重なった。
▼田平教会の洗礼・堅信・婚姻・死亡それぞれの台帳は、説教で触れたようにデータ化されている。3年の歳月がかかっている。信頼しているチームでデータ化を進めたおかげである。個人的には、私の行く場所すべてで、同じ作業が必要になると考えている。私がしなければ誰もしないと言えば大袈裟かも知れないが、実際そうかも知れない。
▼クラウドに置かれているので外出先でも問合せに応対できる。もちろんクラウドデータを100%信頼はできない。だから最終的には紙の台帳の更新を怠ってはいけない。また自分自身の落ち度で、第三者にデータを盗まれたり、閲覧されてもいけない。取り扱いは慎重に。



20/5/10(No.1062)

▼録音説教を聞けば分かるが、赴任したことのある小教区の新聞に、「説教を聞きたい方はこちら」として私のホームページが掲載されていた。掲載に当たって許可願いの連絡も無かったし、もちろん掲載を許可した覚えもない。
▼今頃この「ちょっとひとやすみ」を読んだ某小教区の信徒が小教区の広報委員会に「本人の了解も得ずに掲載しちゃったの?」と問合せが殺到(?)しているだろう。このご時世、生の説教が聞きたい気持ちは十分理解できるが、権利者の権利保護とか、プライバシーとか、そういったことにちゃんと配慮することはおろそかにしてほしくない。
▼それにしても、いい宣伝にはなった。田平小教区の何倍も信徒が所属している小教区だから、宣伝効果はあるだろう。私も知らぬ間に掲載されて黙って見てはいない。これを機に、動きを起こそうと考えた。
▼この二ヶ月ほど、公式のミサが中止された。途中8日間ほど実施された期間もあったが、世の中の出来事同様、個人のミサの依頼もストップしたし、主日のミサの献金もゼロとなった。収入(と言ってよいのか分からないが)はゼロである。
▼しかしミサは続けている。誰もいなくても主日のミサの録音はしている。録音したデータをインターネットで利用して「自宅でミサ参加」している人もいるだろう。その人たちもひょっとしたら「献金」をしても構わないと考えているかも知れない。
▼ネットで調べたら、「投げ銭」のような仕組みがいくつかあって、おじいさんおばあさんには敷居が高いかも知れないが、「投げ銭」の仕掛けを用意すれば、公式ミサが中止されている間も支援を得られそうである。今後、ミサが再開されても、「こうじ神父を支援する」という人が存在するかも知れない。
▼そこで、投げ銭システムの中で、「OFUSE(オフセ)」というサイトを利用することにした。無料メルマガ(無料ブログ)を閲覧している人の中で、ネット上の決済ができそうな人は、「OFUSE」の中の虫眼鏡のようなアイコンをクリックしてほしい。
▼「クリエイター検索」という画面になるから、そこで「コウジハカープファン」という名前を入れる。すると私のTwitterの自己紹介が現れる。この画面をクリックすると、ブログでの活動履歴と「OFUSEする」というオレンジのバーが出るので、利用してもらえたら幸いだ。この説明で分からない人は、どこかで出会ったときに直に「投げ銭」を。



20/5/17(No.1063)

▼ご存知の方もおられると思うが、期間限定ではあるが「説教動画」を公開している。時間を与えられているから、何かの形で恩返しをしたいと思ったのが理由だ。映像で説教している中田神父を見ると興味を失ってしまう人もいるかも知れないが。
▼三脚をセットし、カメラを据えて、カメラの背景に拡大コピーした説教原稿を置く。それに目を通しながら撮影しているので、当然カメラから視線が外れていることが多い。どんなふうに映っているのか、メガネが乱反射しているのではないか、気になることを挙げればキリが無いが、恵みを受け取るチャンスを広げる糸口になれば幸いである。
▼この前、墓参に来た方々からの電話を受け取った。電話は墓の目の前からかけていたのだが、私はそれが誰か、途中で気がつくことになる。毎年5月の命日に墓参に来ている二つの会社の代表だった。
▼「お墓参りをさせていただきたいのですが。」「現在ごらんの通り規制をかけておりますが。」「自分たちで手を合わせて帰るだけで構いませんので、よろしくお願い致します。また例年通り、御ミサの奉納金をお預けしたいのですが。」
▼ここでようやく誰が来ているのかを理解した。私が赴任してから毎年5月の命日に墓参に来て、ミサを依頼していく亡くなった社員の親会社の人たちだった。墓参に来た時は欠かさず「墓前の祈り」を唱えてあげているグループだった。
▼ここで一気に事態を飲み込んだ。「急いで準備して、『墓前の祈り』を唱えに伺います。路上駐車を避けて、安全な場所に車を駐めてからおいでください。」それからしばらく墓前の祈りを唱え、今年も命日に関係者の方々と会えたことを喜び、ミサの依頼を無事に受け取って別れた。
▼ちなみにこの日は午前中釣りに出かけていた。ミサ奉納金がまったく当てにできないこの時期、司祭館に戻っていたのは神様の深い計らいに違いない。



20/5/24(No.1064)

▼イエスの宣教生活の背景には、四十日四十夜の断食がある。実際には40日は象徴的な数字で、旧約聖書のエジプト脱出の後にイスラエルの民が砂漠を40年さまよった、この出来事になぞらえているのかも知れない。
▼私は日数は問題ではなく、「飢えと渇きを実際に覚えられた」そういう日数の断食を経験されたということに意味があると考えている。十字架を経て、復活にいたることもそうだが、物理的にそれだけの「飢え」「渇き」「苦しみ」が必要なのだろうかとどうしても考える。
▼エジプト脱出を力強く導いてくれた神の僕モーセは、約束の地を目の前にして眠りについた。40年の間には一世代か、二世代は、「約束の地」を踏むことなくこの世を去っただろう。5月10日に書いた説教原稿にも繋がるが、「飢え」「渇き」「苦しみ」が、そのあとに来る「喜び」を深く理解させるものでなければ、とても耐えられないと私は思う。
▼そこで考えたのが、「緊急事態宣言解除」との関連である。これ以上無いと言うくらい、すべての人が試練にさらされた。心も身体も、限界まで「飢え」「渇き」「苦しみ」を味わった。これが「緊急事態宣言解除のそのあと」の喜びを深く理解させるものだったのだと考えたい。
▼司祭叙階式で当時「大崎教会」の主任であった先輩が、司祭叙階を受ける助祭にこう言ったのを忘れることができない。「司祭叙階までの準備は、ミサを献げるという尊い務めのためのものでした。たとえミサを一度献げただけで、叙階された新司祭がこの世を旅立ったとしても、それまでの長い準備は報われるのです。それほど、これから取り扱うミサは尊い務めなのです。」
▼だれもが、何かの務めに召されている。その務めが楽しいうちは悩みもないし、務めの重みもないだろう。しかしその務めがどうしても果たせなくなったとき、たとえば一年とか二年とか、務めから離れなければならなくなって、それから復帰したとする。
▼すると召された務めがただ楽しいだけではなくなり、務めに尊さがが増すことになる。この緊急事態宣言期間を、すべての人が、召されている務めの尊さを深く噛みしめる時期となることを願ってやまない。当然私も、ミサの尊さを噛みしめて、これから献げていくつもりである。



20/5/31(No.1065)

▼2008年6月2日(日)の説教は、赴任していた馬込教会の説教ではなく、郷里の鯛ノ浦教会で6月1日におこなったミサ説教を掲載している。この年の5月31日(金)に肺がんを患っていた父が亡くなり、当日通夜、6月1日(土)に葬儀ミサをおこなったのだった。
▼息を引き取る前から会話はできなくなっていたので、これといって遺言もなかった。テレビドラマで観るような最期は、通常は生じないのだとこの時実感した。ただ思い出されることはたくさんあり、最期が平凡であったとしても、波乱に満ちた生涯だった。
▼5月31日が日曜日と重なり、少し「父のことを説教で書こうかな」と思う気持ちもあったが、結果はそうはならなかった。説教は「風の吹くまま」である。聖霊の風が、説教を説教にしてくれる。だから司祭たちは、いつも聖霊に心の窓を開き、聖霊の導きを受け入れる。
▼ある司祭はそのことを「私は原稿を書いたりしない。聖霊の導きのままに話すからだ」と言っていた。私は原稿を用意していないと恐ろしくて説教台に立てない。準備しないで立つことはまずないが、原稿は私にとってはギリギリまで話したいことを確認する大切な道具だ。父の葬儀ミサ説教さえ、父と向き合いながら準備した原稿を手に握っていた。
▼もちろん、それでも「この説教は使えない。この話では伝わらない」と、直前に切り替えることもある。なぜそうなるのかは分からないが、実際に原稿を捨てて、降ってきた言葉を伝えた日もあった。原稿があってもなくても、聖霊は説教者に降るのである。
▼一度だけ、父が夢枕に立ったことがある。話がしたくて、私は懸命に話しかけたのだが、一言も返事はなかった。起きたときはがっかりしたが、夢枕に立ったことが嬉しかった。何が言いたかったのかは分からないが、次に現れたら教えてくれるかも知れない。あるいはいつも「一度だけだぞ」という人だったから、二度目はないのかも知れない。



20/6/7(No.1066)

▼6月に入った。「イエスのみ心」の月だ。イエスの心は、御父の心だ。「独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得る」その心だ。この世界には同じ時間同じ機会が与えられても、人が理解する程度は違ってくる。更に言うと、理解するために与えられた賜物の違いは埋めようがない。
▼「逆立ちしても勝てない」と言える人を見てきた。だから自分の能力を使い切って用意できるものを神様の前に置く。それしかできることはない。「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」(マタイ22・21)私はすべての能力を使っていただいたものを神にお返しするまでだ。
▼一万タラントン借金して返す当てのない僕という話がある。ひょっとするとこれは人間すべてのことではないだろうか。返済できない人間を、父なる神は赦してくださった。それなのに人間は、他の人間に「借金を返せ」と言う。自分が抱えている負債の大きさに気づかないので、人に返せと言うわけだ。
▼私もようやく、自分が神にどれだけ負債を抱えているかを考えるようになった。だからもはや他人にとやかく言ってはならない。一万タラントンに比べれば、腰を抜かすような金額も、たいした借金ではない。もうとやかく言うのはよそう。



20/6/14(No.1067)

▼とうとう九州北部も梅雨に入った。マスクが欠かせない生活の中で、梅雨の蒸し暑さはかなり影響する。ミサで考えると、司祭が唱える部分はかなり多い。説教もマスクをしたままだとメガネが曇り、聞く人も真っ白いメガネの説教師が気になって説教どころではないだろう。
▼そんなところに「アベノマスク」が届いた。小さいとは聞いていたが、子供用なのではないだろうか?洗濯をすればきっと更に縮むだろうから、木曜日に届いたマスクを日曜日のミサで使用する頃には、「ビキニマスク」になっているだろう。
▼冗談みたいな話だが、先輩は「これだとマスク二枚ずらして着用しないと使えないな」と言っておられた。二枚着用して上下にずらす。あり得る話だ。それとも二枚を縫い付けて一枚にして使うか?
▼夏用のマスクが出始めている。「アベノマスク」は夏を意識して作られていないから口元が暑く感じる。外出するときにはとてもではないが使えそうにない。司祭館での結婚講座とか、信徒会館での評議会や教会学校とか、室内であまり熱がこもらない場所限定で使うか。
▼室内と言えば、梅雨が始まって心配なのが湿気対策。カビが生えたり、食品をダメにしたり、いろいろと心配事が出てくる。ここで話すようなことではないなぁ。



20/6/21(No.1068)

▼身体が思うように動かないなと感じるのは、年齢を実感する場面だ。この前一人で食べる昼食に、めったに食べない「インスタントラーメン」を用意した。ネギ山盛りが私の好み。思う存分ネギを入れて、少し硬めに仕上げ、喜びつつ盆に載せて食堂に運んだ。
▼盆に載せたのはとても熱かったからで、そのままでは食べづらい。マナーにももとるかも知れない。それで盆からテーブルのシートに移動させようとした。その時どんぶりの底がどうやら盆のフチに当たったらしい。勢いよく中身がテーブルにこぼれ、床まで落ちた。
▼「あっ!」と言ったが覆水盆に返らず。一口も食べず、泣きながら床とテーブルを拭き、インスタントラーメンを口にすることなく勉強部屋に戻った。「ふて寝」して、気がついたら夕暮れになっていた。夕食を作る気力も無く、やや不自由な右手を恨めしそうに見つめた。怒りがこみ上げ、この日の晩はいったい何を食べたのか、記憶が無い。
▼それでも、食べる喜びが奪われることはなかった。木曜日に先輩の司祭を招いて、「キーマカレー」をご馳走した。たいした料理でもないが、先輩は無類のカレー好き。箱に書いてあったとおりに調理したカレーを完食し、満足そうに帰ってくれた。
▼自由が利かなくなりつつある右手を気にして、MRI検査まで受けた。結果に問題は無いそうで、様子を見ましょうとだけ言われた。宅急便が来てサインを求められるが右手がかすかに震える。
▼証明写真や集合写真で「動かないでください」と言われて待つ間に顔の右側が揺れる。腕を伸ばし、両手を合わせてスクワットすると右腕が震える。いろいろ心配なのだが、はっきりした原因が分からない。歳を取るとはこういうことなのか。



20/6/28(No.1069)

▼週末、九州北部に猛烈な雨が降った。田平教会聖堂でも雨漏りが散見され、初めてだそうだが「砂」の堆積も見られた。天気図や気象予報士の解説を見ながら、心は新上五島町の実家に向かっていた。新上五島町の実家には十分高齢と言える母親と、次男が住んでいる。
▼母の日になにがしかの物を送っていたが音沙汰なし。あまり世間の流行に関心が無いようだが、いちおう念押しのために電話をかけてみた。何のことはない。届いていたのを忘れていたそうだ。何かあっているのではなかろうかと、いちおう気にしたのに。
▼大雨の後、天気が回復する。災害が発生していなければ、大雨で山の恵みは川に流れ、海に下る。そうして自然は豊かになっていく。大自然の営みは、いつも神の深い配慮を思い出させ、尊敬の念が湧いてくる。人間ができるのは神の偉大な計らいをたたえることだけだ。
▼だが人間の知恵は、利害を伴ってしばしば自然の偉大さに逆らっている。物理学の成果を戦争に持ち込み、原子爆弾を作り、相手をねじ伏せる。誰が誰を押さえつけたか、歴史をとやかく言うつもりはないが、人間は人間を押さえつけるためにときに神の知恵を乱用するのである。
▼今年、被爆75周年。黙想会では小学生中学生と、戦争がもたらすもの、戦争してはいけない理由、いろいろ考える。紙芝居が長崎大司教から送られてきたのでそれを使う。登場する主人公には浦上教会助任時代に高校生がたいへんお世話になった。私も、当時の高校生も、決してその人のことを忘れない。



20/7/5(No.1070)

▼長い長い一日だった。朝6時に平日(土)のミサをささげ、食事を取り、朝9時に老人ホームの病人訪問に出る。戻ってきて10時から葬儀ミサを執り行う。昼食を済ませ、午後1時からミサを伴わない結婚式。それに続けて小学5・6年生の教会学校、締めは夕食を終えてから夜7時の主日前晩のミサ。「ぶっ倒れそう」とはこのことだ。
▼亡くなった神父様を思い出す。1年だけお仕えした助任司祭の時代、「暑くて今日は死にそうです」と言ったら「●ね」と言われた。当時はパワハラも何もなかった時代。言われれば意地を出してそれを乗り越えていく時代だった。次に同じような状況になって「今日も暑かなあ。死にそうですって言え」と言うので、「言いませんからね」と返したのが懐かしい。
▼ぐったり疲れた一日だったが、充実感はある。まるで30代の時のような働きぶりで一日を終えられることに心から感謝している。日曜日は二日過ぎたが「聖トマ使徒」の霊名のお祝いをしてもらうので、心置きなく祝ってもらえそうだ。
▼熊本県は大災害に見舞われた。12時のニュースを見て、言葉を失った。人吉市にはお世話になったことがあり、川沿いの町々が見る影もなく浸水しているのを見て、胸が張り裂ける思いだった。祈ることを通して、嘆く人、泣く人の心に寄り添いたい。



20/7/12(No.1071)

▼「弟子は取らない。」ここにはすでに「弟子にしてください」と言いに来た人がいる。「弟子は取らない。」言ってみたいものだ。少し形を変えるなら、「助任は取らない。」まぁ、助任司祭をつける教会と言えば、今は浦上教会しかないだろうが。
▼なぜ「弟子を取らない」のだろうか。せっかく自分が完成させた高い技術や理論を、学びたいという人が目の前に現れて、それを「弟子は取らない」と言って断る。なぜだろうか。弟子を取らなければ、その技術、技法は廃れてしまうのに。
▼イエスさえ弟子を取った。しかも12人いちどに受け入れた。もし「弟子になりたい」と言う人が目の前に現れたら、私は二つ返事で受け入れる。指導することができるか、ちゃんと一人前に育てることができるか、そんなことは気にしない。
▼弟子が与えられたら、私が与えられるものはすべて与えるだろう。弟子に追い越されるかも知れないが、そんなことは関係ない。弟子になりたいという人が私を選んだ。それだけで十分ではないか。説教もいくらでも真似してよい。考え方や癖や、欠点も見て構わない。その弟子が越えていく踏み台になることも。



20/7/19(No.1072)

▼手元に紙芝居が二つある。一つは長崎原爆に遭い、ご苦労された片岡さんという女性の半生を描いたもの。一つは平戸地区のカテキスタ委員会がかつて制作した「カミロ・コンスタンツォ神父福者殉教者」の生涯を描いたもの。どちらも興味深い。
▼紙芝居には当然「読み聞かせ」が必要になる。まずは読み聞かせる相手は「小学生・中学生」ということになるだろうから、子供達に伝わるような読み方を考える必要があるだろう。登場人物、特に主人公が男性なのか女性なのか、どのような背景があるのか、さまざまなことを知っておく必要があるだろう。
▼保育園で先生が読み聞かせをする姿を思い浮かべる。上手な先生のもとには園児たちが集まり、「これを読んで」「あれを読んで」とたくさん依頼されるかも知れない。なかなか、司祭はそのような「求められる読み手」にはなれそうもない。
▼少し話は逸れるが、NHK衛星放送で、「天地創造」が放送された。「イサクをいけにえにささげる」この場面が最も印象深かった。そのように、場面が映像として、「紙芝居」朗読で表現できたらすばらしい。
▼大げさな読み方や変に声を変えたりするのもどうかと思うが、聞き手、受け手が十分想像を働かせることができる。そういう朗読で紹介した二つの紙芝居を活かしたいものだ。



20/7/26(No.1073)

▼「PLCアダプター」という物を買った。コンセントに差すだけで、有線LANを用意できるというスグレモノ。田平教会の司祭館は建て増しをした結果東西に長いため、無線LANで東側の台所と西側の勉強部屋を接続できない。
▼そこで、まずは「無線LANの増設機器」を買って接続してみた。これで主任司祭の用事は済んだのだが、現状では台所に無線が届かないのは問題になる。台所でも無線Wi-Fiが必要になっている。だが、いろいろ増設機器の置き場所を工夫するが、確実に接続できない。
▼そこで、昔から目を付けていた「電力線インターネット」の原理を応用した「電力線室内LAN」の機器を購入。自分が目を付けた頃からしても進歩しているようなので、導入を決断。届いた商品は至って簡単で、親機と子機を適当な場所のコンセントに差すだけで準備ができた。
▼「おお!」と思わず声を上げる。これだと、コンセントのある場所であれば自由にLANを利用できる環境が用意できる。たまに、接続が不安定なことはあるが、無線と違って距離を気にせず、LANケーブルでインターネットを利用できる環境が整った。
▼今週の説教との兼ね合いで言えば、この「PLCアダプター」は「古くて新しい機器」だが、「天の国のことを知らせる道具」かと問われると疑問が残る。それでも、教会学校の子供達に、西側の勉強部屋でしか見せることのできない素材を見せることもあるのだから、良い買い物だったと考えよう。



20/8/2(No.1074)

▼ジャパンネット銀行の口座を持っている。この銀行は店舗を持たないネット銀行なので、入出金の際に他行の提携ATMを利用する必要がある。最近、提携ATMの利用手数料を取られ、がっかりした。
▼こういうことだ。思いがけない臨時収入があり、それを入金しようと、ゆうちょATMを利用した。提携ATMの一つであり、身近な場所にあるので、必然的にここから入金することになる。前回がいつだったか覚えていないが、前回までは手数料無料だった。
▼ところが今回は330円、手数料を取られている。何ということだ!一年で100円も利子が付かないのに、一回の手数料で330円取られた。これで三年分の利子が吹っ飛んだ。それにしても、手数料330円とはたいした度胸だ。振込用紙は使っていない。月に何度提携ATMを使ったか考えたが、2回目だったかな。
▼納得がいかず、ネットで調べてみた。ちゃんと書かれていた。「3万円以上の入出金はいつでも手数料無料。3万円未満はその月の2回目からゆうちょ330円、セブン銀行イオン銀行ローソンATM他165円。」なんだって?「ゆうちょ銀行」がいちばん高いではないか。
▼臨時収入は2万円だった。手数料引かれて入金するくらいなら、3万円になるまで入出金は控えよう。どうしても利用しなければならない時は、これからはセブン銀行のATMをお借りすることにしよう。



20/8/9(No.1075)

▼らしい。



20/8/15(No.1076)

▼らしい。



20/8/16(No.1077)

▼らしい。



20/8/23(No.1078)

▼らしい。



20/8/30(No.1079)

▼らしい。



20/9/6(No.1080)

▼らしい。



20/9/13(No.1081)

▼らしい。



20/9/20(No.1082)

▼らしい。



20/9/27(No.1083)

▼らしい。



20/7/26(No.1073)

▼らしい。



20/8/2(No.1074)

▼らしい。



20/8/9(No.1075)

▼らしい。



20/8/15(No.1076)

▼らしい。



20/8/16(No.1077)

▼らしい。



20/8/23(No.1078)

▼らしい。



20/8/30(No.1079)

▼らしい。



20/9/6(No.1080)

▼らしい。



20/9/13(No.1081)

▼らしい。



20/9/20(No.1082)

▼らしい。



20/9/27(No.1083)

▼らしい。



20/7/26(No.1073)

▼らしい。



20/8/2(No.1074)

▼らしい。



20/8/9(No.1075)

▼らしい。



20/8/15(No.1076)

▼らしい。



20/8/16(No.1077)

▼らしい。



20/8/23(No.1078)

▼らしい。



20/8/30(No.1079)

▼らしい。



20/9/6(No.1080)

▼らしい。



20/9/13(No.1081)

▼らしい。



20/9/20(No.1082)

▼らしい。



20/9/27(No.1083)

▼らしい。



20/7/26(No.1073)

▼らしい。



20/8/2(No.1074)

▼らしい。



20/8/9(No.1075)

▼らしい。



20/8/15(No.1076)

▼らしい。



20/8/16(No.1077)

▼らしい。



20/8/23(No.1078)

▼らしい。



20/8/30(No.1079)

▼らしい。



20/9/6(No.1080)

▼らしい。



20/9/13(No.1081)

▼らしい。



20/9/20(No.1082)

▼らしい。



20/9/27(No.1083)

▼らしい。









ページの先頭へ